日向坂46・齊藤京子、アイドルになって戸惑ったこととは?「びっくりでしたね」

2021.3.8 20:00
日向坂46・齊藤京子、アイドルになって戸惑ったこととは?「びっくりでしたね」サムネイル画像
日向坂46・齊藤京子/(c)E-TALENTBANK

3月7日、日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に日向坂46齊藤京子が出演した。

【別の記事】日向坂46齊藤京子、楽屋でメンバーを警戒する瞬間明かす「見られたくない」

番組中、齊藤は写真集の売れ行きが好調で15万部を突破したと紹介されるも、「でも乃木坂(46)さんとかの先輩方が本当に素晴らしいので」「なので、その皆さんに比べると別に売れてるとかそういうのではないので」と発言。

出演者から「やっぱりアイドルに憧れて入ったわけでしょ?」と聞かれると齊藤は「歌手に憧れて入ったんですよね」といい、「ずっと歌手のオーディション受けてたんですけど、受かったのがアイドルだったっていうだけで、キャッキャはそういうのはないです」と淡々とコメントした。

それを受けて出演者から「じゃあ最初戸惑いとかなかったの?」と聞かれると齊藤は「『キューンキュンキュンキュン』みたいな感じなのがびっくりでしたね」と、日向坂46の楽曲『キュン』についてコメントし、出演者から「喋っててなんかアイドルらしくないなと思った理由がわかった。声低過ぎんねん」とツッコまれるも、「でも落ち着いてるから面白いね」と言われていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100