V6井ノ原、近頃の岡田准一の言葉を明かし「重いね」

2019.3.22 20:10

V6井ノ原、近頃の岡田准一の言葉を明かし「重いね」サムネイル画像

3月20日、フジテレビ系『TOKIOカケル』に出演したV6の井ノ原快彦が岡田准一の言葉を明かすシーンがあった。

番組では街頭インタビューをしてゲストのイメージ調査を行った。その中で、“イノッチがいる限りV6は喧嘩しなさそう”という意見があがると井ノ原は「しますよ、男の集まりですから」と喧嘩をするとコメントした。

しかし、「まぁでも今皆アラフォーだから喧嘩はさすがにしない」と歳を重ねて落ち着いてきたと話し、出演者の上戸彩に「話し合うことは今でもあるんですか?」と聞かれると「話し合うって言ってもかなり普通に、何か決めなきゃいけない時も結構スムーズに進むかな」と明かした。

また、TOKIOの国分太一に「昔さぁ、V6のライブの打ち合わせ尋常じゃなく長かったよね」と投げかけられると「意見合わないんだもん」と振り返り、「今はだいぶ短くなってきたの?」と打ち合わせの時間について聞かれると「短い」と答え「皆早く帰りたいんだろうね」と周囲の笑いを誘った。

さらに最近はお互いの健康を思いやるようになってきたと話し、「岡田がこの間ボソッと『皆が幸せならいいな』って」と岡田が呟いた言葉を明かしTOKIOのメンバーに「重いね」「深い」と言われていた。

関連画像

関連記事