吉沢亮、親友の元カノに…学生時代のほろ苦い失恋エピソード明かす

2020.8.17 20:00
吉沢亮、親友の元カノに…学生時代のほろ苦い失恋エピソード明かすサムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

8月17日放送のフジテレビ系『ノンストップ!』に、吉沢亮がVTR出演。高校時代の失恋について語った。

【別の記事】吉沢亮、橋本環奈からまさかの“顔”ダメ出し?「隠さずやってるなって…」

VTRでは、8月28日公開予定の映画『青くて痛くて脆い』に出演する吉沢らに対するインタビューが行われ、この中で、吉沢は、“青くて痛くて脆い青春エピソード”として、「結構長い間片思いしてる女子がいて」「それが、小学校6年生の時から僕の1番の親友と付き合い始めたんですよ」と話し始めた。

その後、転機が訪れたのは高校1年生の夏だったとして、「『別れたわ』って連絡、友達から来て」「ああそっか…と思って駅から家まで帰ってたら、ちょうどその彼女と駅でばったり会って」「なんとなく2人で公園に行ったんですよ」と振り返った。

そして、その女性から、“夏祭りに一緒に行く?”と誘われた吉沢は、相手は“親友の元彼女”という存在ではあったが、葛藤の末に、告白を決意したという。

吉沢は「よし!これはもう言うしかねぇ!と思って」「次の日に電話したんですよ。その親友に」「このこと言おうと思って」と振り返った上で「『あ、彼女とヨリ戻した』って言われて」「『えっ!?』ってなって…昨日のあれ何?みたいな」と明かし、笑いを誘った。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254