ミック・ジャガー、デイヴ・グロール参加の新曲「イージー・スレージー」をサプライズ公開

2021.4.14 15:00
ミック・ジャガー、デイヴ・グロール参加の新曲「イージー・スレージー」をサプライズ公開サムネイル画像
ミック・ジャガー、デイヴ・グロール「イージー・スレージー」

ミック・ジャガーは「イージー・スレージー(Eazy Sleazy)」というタイトルの新曲を即時リリースという形で、世界中のファンに向けエキサイティングなサプライズを行った。

この曲はミックがロックダウンの中で書いたハードでロッキングなナンバーで、フー・ファイターズのデイヴ・グロールが参加。ミックがヴォーカルとギター、デイヴがドラム、ギター、ベースを担当。

クセになりそうな「イージー・スレージー」は、隅から隅まで私たちの時代の歌であり、閉じ込められたエネルギー、ロックン・ロールのアティテュード、そして皮肉に満ちたメッセージに満ちている。ミック・ジャガーは、私たち全員が生きている、ダークであざけりに似たユーモアにみちた生活について考察し、Zoomや「自宅という名の牢獄」、浮薄な書籍や誤った賞賛、そして過剰なTV生活について振り返っている。

この先に明るさと変化がようやく見えるようになった中、ロックダウンの先の世界に期待をしながら、「地上の喜び」にあふれた世界への期待を謳った楽曲だ。

なお、「イージー・スレージー」のパフォーマンス・ビデオ・クリップは同時に公開され、自宅でのミックとフー・ファイターズ・スタジオでのデイヴの演奏シーンをフィーチャーしている。

【ミック・ジャガーのコメント】

「これはロックダウンから抜け出すことについて書いた曲で、切実に明るさを求めたものだ。ドラム、ベース、ギターと大活躍してくれたデイヴ・グロールのおかげで、とても楽しい時間を過ごすことができた。みんなが「イージー・スレージー」を楽しんでくれることを願ってるよ」

【デイヴ・グロールのコメント】

「サー・ミックと一緒にこの曲をレコーディングすることが、僕にとって何を意味するのかを言葉で表現するのは難しい。夢がかなった、どころじゃない。人生、これ以上クレイジーなことなんてありえないと思っていた瞬間、こんなことになるなんて。これは間違いなく、この夏一番の曲になるよ!!」

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254