有吉弘行、“嫌われる上司”について語る「俺は理解者だぞっていう…」

2019.6.7 7:30
有吉弘行、“嫌われる上司”について語る「俺は理解者だぞっていう…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

6月5日、テレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』に出演した有吉弘行とマツコ・デラックスが上司について語った。

【別の記事】有吉弘行、ダレノガレ明美に付けた“あだ名”に反響「やはり秀逸」

番組には、39歳の会社員から“若手社員の頃、上司から「最近の奴はなってない」と怒られ嫌な経験をしたため「自分が上司になったら絶対こうなりたくない」と思っていたが、この間電話応対で失礼をした新入社員に「最近の若い奴は電話もできないのか」と怒ってしまい、自己嫌悪に陥った”というメールが届いた。

これに有吉は「そういうふうになりたくないと思って、なりたくないから“その人たちじゃない感じ”にしてんだけど、それはそれで嫌なヤツだなってパターンあるしね」と切り出し、「『最近の若いやつは…なんて言う大人イヤだな!』なんて。『うわこいつウザ!』っていうさ」と若者側に立って意見する上司についてコメント。

マツコが「最近の若い子はそれの方がイヤだと思うよ」と同意すると、有吉は「『俺は理解者だぞ』っていうさ」と若者の理解者というスタンスを取る上司も嫌がられると話した。

続けて「『年取ったらもう嫌われる』って思ってないとダメなんだよ」と語り、マツコも「本当そういうこと。年相応ってあるよ」と発言。

また、マツコは“嫌われたくない”という思いから何も言わない上司についても「それも気持ち悪いよね」として、「だから嫌われるしかないのよ」「どんなに見た目爽やかでね、理解力もあって、まぁこれといって問題点のない上司でも絶対うぬぼれんなよって話よ。好かれてはいねぇからなっていう」と持論を展開した。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100