ファーストサマーウイカ、粗品の“凄さ”を語る「天は何物を与えて…」

2021.7.14 14:30
ファーストサマーウイカ、粗品の“凄さ”を語る「天は何物を与えて…」サムネイル画像!
霜降り明星・粗品/(c)E-TALENTBANK

7月12日深夜、フジテレビ系『FNS歌謡祭 夏 みどころ解説』にファーストサマーウイカが出演した。

【関連】ファーストサマーウイカ、“ガチ恋御三家”芸能人を発表「今でも…」

番組では、霜降り明星粗品が作詞と作曲をした楽曲「帰り花のオリオン」を7月14日放送予定のフジテレビ系『2021 FNS歌謡祭 夏』で披露するというウイカが、この楽曲が誕生した経緯について語る場面があった。

ウイカは、粗品が趣味でネット上に公開していた曲をたまたま聴いたことがきっかけだと明かすと「すごい、今までで1番感動したんで、すぐDMで『粗品さんの曲めっちゃすごいです!好きです!』って言って。普通にファンみたいな感じで連絡したら、粗品さんの方から『いつかウイカさんの曲作りたいです』みたいなこと言ってくれたんですよね」と回想。

続けて、自身が粗品と同じユニバーサルミュージックに所属することになったと振り返り「スタッフさんとかに『粗品さんとできたりしないですか?』って言ったらトントン拍子で話が進んで」と説明しつつ、この楽曲がドラマの主題歌にも決定したと話した。

また、『2021 FNS歌謡祭 夏』では粗品も演奏で参加すると切り出すと、「天は何物を与えてるんだ、粗品さんに、というところなんですけど」ともコメントしていた。

関連画像

web:172.30.1.100