田中圭、映画『ヒノマルソウル』共演の山田裕貴&眞栄田郷敦との3SHOT公開

2021.4.26 17:35
田中圭、映画『ヒノマルソウル』共演の山田裕貴&眞栄田郷敦との3SHOT公開サムネイル画像
『Oggi6月号』(株式会社小学館)

田中圭が、『Oggi6月号』に登場する。

【写真】付録の「飛び出す!田中 圭」の画像も公開

5月7日公開予定の映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』で主演を務める田中。長野オリンピックでの奇跡の金メダルを支えた、「選手ではない」影の存在・テストジャンパーたちの実話。ケガにより日本代表選手選考からもれた元メダリスト・西方仁也選手を田中が演じ、スキージャンプ団体金メダルの舞台裏で繰り広げられた感動の秘話を描いている。

本誌では、田中のほか、後輩テストジャンパーを演じた山田裕貴眞栄田郷敦も加わった撮り下ろし&クロストークも掲載。1年ぶりに集結した出演者3人による固い友情トークが“K点越え”の大盛り上がりした。

田中について、眞栄田は 「主人公の西方さんは圭さんそのもの。まとめるときはしっかりまとめるけど、あとは背中で語っている。一家の大黒柱みたいな存在で、いるだけで安心感があるんです」と語り、山田は 「圭さんは人との距離感が絶妙で、親しいけど近づきすぎないし、でも誰か輪に入りにくそうな人がいたら、さりげなく声をかける。すべてが自然なんですよね」とコメント。

これに田中は、「うれしいね。差し入れでも買ってこようか?」と終始ご満悦。「僕には『ついて来い』っていう強さがあるわけでもないから、みんなが楽しければ、それでいいの。郷敦とは年の差もあるし、裕貴は気い使いだし、それを取っ払ってワイワイやろうよってのが、役目だと思うから」と語った。

36歳の田中に対し、30歳の山田と21歳の眞栄田。年齢も性格もバラバラだが、各世代で旬な3人だけに、年の差を超えた友情トークはとても新鮮なものとなっている。また、特集ではプライベートに関するQ&Aも掲載しており、“働く女性にキュンとくるポイント”についても質問している。

『Oggi6月号』は、4月27日発売。付録として、「飛び出す!田中 圭」と銘打った映画公開記念の“飛び出す”組み立て付録がついてくる。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254