浜辺美波、10歳で受けたオーディションで“ある失敗”をするも褒められた理由とは?

2021.4.14 6:30
浜辺美波、10歳で受けたオーディションで“ある失敗”をするも褒められた理由とは?サムネイル画像
(c)Tomomi Matsui

4月12日に放送された日本テレビ系『世界まる見え!テレビ特捜部』に、浜辺美波がゲスト出演した。

【関連】浜辺美波、自身の恋愛観明かす「ずっと待ってます」

今回の番組のテーマが“世界のすんごいバトルSP”であることにちなみ、浜辺に対し、コンテストなどのバトルでの失敗について質問が飛ぶ場面があった。

これに浜辺は、「私、“東宝シンデレラオーディション”というのでこの業界入ったんですけど」と切り出し、「その最終審査の時にスピーチがあって、檀上に上がらないといけなかったんですけど。年齢が小学校4年生とかだったんで、パンプスが履いたことなくて、スピーチも初めてだったんで」「最後帰る時に、靴が脱げちゃって…」と、オーディションで起こったハプニングを明かした。

その上で、「でも、これが、“東宝シンデレラオーディション”だったんですよ。シンデレラってガラスの靴を置いて帰っちゃうじゃないですか」「だから褒められたんです、結局」と話し、笑顔を見せた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100