滝沢カレン「泣いちゃいました」冠番組の終了を告げられた時の心境吐露「もう私は拒否拒否拒否って…」

2021.3.21 19:30
滝沢カレン「泣いちゃいました」冠番組の終了を告げられた時の心境吐露「もう私は拒否拒否拒否って…」サムネイル画像
滝沢カレン

3月20日深夜、テレビ朝日系『伯山カレンの反省だ!!』に滝沢カレンが出演した。

【別の記事】滝沢カレン、“人生に対する考え方”が変化したことを告白するも、久本雅美「遅くない?」

今回、番組が最終回を迎えることについて、出演者の滝沢と神田伯山がトークを展開する場面があった。滝沢は最初にマネージャーから番組の終了を聞かされたと切り出すと、「『1番傷つく話をしますって』まず言われたんです。『1番悲しがるでしょう』ということを言われて、もう私はすぐにこれ(同番組が最終回を迎えること)が浮かびました」と、当時の状況を説明。それくらい同番組を“今の生きがい”だと感じていたとも説明した。

続けて、その際の心境については「もう『えー!』って『え、なんでですか!?なんでですか!?意味が分かりません、もう私は拒否拒否拒否』って感じで」と振り返った。

さらに「帰ってから久々に1人酒をしたぐらい…」「ほんとに自分で、ちょっと泣いちゃいました。飲んだら余計」と、番組終了を知った日の、帰宅後の様子も明かしていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254