チョコプラ長田、“行けば行くほど赤字”若手時代の給与事情を明かす「キツかった…」

2021.3.19 20:40
チョコプラ長田、“行けば行くほど赤字”若手時代の給与事情を明かす「キツかった…」サムネイル画像
チョコレートプラネット/(c)E-TALENTBANK

3月18日、日本テレビ系『ダウンタウンDX』に、チョコレートプラネット長田庄平松尾駿)が出演した。

【別の記事】チョコプラ松尾、モノマネして「ひどいよ」と本人に言われた女優を明かす「笑ってはいたけど…」

番組では今回、チョコレートプラネットが若手時代に舞台役者としてステージに立っていたことがある、といった話題が展開された。

当時について長田は「ネタじゃなくて、もうお芝居なので、ネタやらさせてもらえないんですよ」と、回想。さらに、当時の映像が流されると松尾は「今、まあまあの時間を見てもらったと思うんですけど、まったくボケてないですよね」とスタジオの笑いを誘うと、長田は「キツかったのが、稽古っていうのがありまして、大体3週間ぐらいガッツリ稽古させられるんですね。んで、1週間公演あるんですけど、1ヶ月丸々取られるんですよ」と、拘束期間が長かったと話した。

また、給料事情についても長田は「しかもこれ、稽古、給料出ないんですね。交通費も出ないんですよ。稽古に行けば行くほどもうマイナスになっていく」と、振り返っていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100