霜降り明星せいや、相方・粗品の“ある対応”にツッコミ「相方として終わってる」

2021.3.4 20:40
霜降り明星せいや、相方・粗品の“ある対応”にツッコミ「相方として終わってる」サムネイル画像
霜降り明星/(c)E-TALENTBANK

3月4日放送の日本テレビ系『スッキリ』に、3月19日公開予定の映画『トムとジェリー』で、日本語吹替版のゲスト声優を務める霜降り明星せいや粗品)らがVTR出演した。

【別の記事】霜降り明星・せいや、“ローン4000万円”を背負った理由とは?「親年取ったら…」

VTRでは、同映画で、霜降り明星の2人がそれぞれ、トムの心の中の天使と悪魔の声を担当していることにちなみ、“自分の中に天使と悪魔が現れる瞬間は?”という質問が出された。

これに対して、粗品は、バラエティ番組に出演している際、相方のせいやがムチャぶりをされることがあると切り出し、「僕の中の天使が、“ちょっとツッコんで助けてあげなよ”みたいな。出るんですよ」と語った。

しかし、「その100倍ぐらいの声量で悪魔が、“いや、おまえもケガするから絶対に関わるな”」とコメントして笑いを誘い、「百発百中で悪魔が勝ってるんですけど」と続けた。

この粗品の発言に、せいやは、「助けろや!」「天使と悪魔の前に仕事やろ。おまえ自身が判断してくれや」とツッコミ。粗品が、「ごめん」と謝りつつ、「俺は悩んでんねん」と返し、せいやは、「相方として終わってるけどな」とぼやいていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254