EXIT兼近“先がない”と感じる芸人の芸風とは?「誰からも相手されなく…」

2021.1.16 18:30
EXIT兼近“先がない”と感じる芸人の芸風とは?「誰からも相手されなく…」サムネイル画像
(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

1月14日、テレビ朝日系『アメトーーク!』にEXIT兼近大樹が出演した。

【別の記事】ミキ・亜生、EXIT兼近の恋愛事情を把握している理由とは?「こいつのことを全部…」

番組の中でラランドのサーヤが、“クズキャラ芸人”だという自身の相方・ニシダが可愛がられているという現状について心境を吐露する場面があった。

これに兼近は「クズキャラ芸人で残り続ける事って、めっちゃむずいじゃないですか。だって売れたらもうお金も入ってくるわけで」と切り出すと、売れてお金が入ることで、キャラクターが変わってしまうと発言。

さらに「だから先ねえなとは思いますよね」「俺それがかわいそうだなって思って」と話すと、「ニシダさんが今こうやってみんなから『おもろい、おもろい』もてはやされてるけど、何年かしたらこの人幸せになって、誰からも相手されなくなるんだなって思って、悲しくなってたんですよ俺」とニシダとの共演を振り返り、スタジオの笑いを誘った。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100