千鳥・大悟、ノブと同居時代の“汚部屋”明かしスタジオ爆笑「公園ぐらい砂あった」

2020.12.4 20:20
千鳥・大悟、ノブと同居時代の“汚部屋”明かしスタジオ爆笑「公園ぐらい砂あった」サムネイル画像
千鳥/(c)E-TALENTBANK

12月3日放送のフジテレビ系『千鳥のクセがスゴいネタGP』に出演した千鳥大悟ノブ)が、大阪時代に、2人で同居していた際のエピソードを語った。

【別の記事】千鳥・大悟、妻からの“死んでも忘れない一言”明かす「言葉に出したらもう終わり」

番組内で、ノブは、「大阪来たばっかりの時、大悟の家に、ワンルームマンションに、ほぼ俺も居候みたいに」「そりゃあ、洗い物なんか1回もしたことないし」と切り出した。

続けて、「紙パックの麦茶とか、紅茶りんごとかが床一面にぶわあーって置いてた、人型のとこだけで生活してたもん」と振り返り、続けて大悟も、「わしのベッド以外は公園ぐらい砂あった」と明かして、他の出演者からは笑いと共に、「そんなことあります?」という驚きの声があがった。

さらに、大悟は、「『このまま捨てて~』って言いたかったもん」とコメントし、ノブも、「部屋全部捨てたいぐらい何もしないもんな、家のことな」と語っていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100