宇垣美里、TBSアナ時代よく言われたことを明かし「めちゃめちゃイライラしてました」

2020.12.5 18:00
宇垣美里、TBSアナ時代よく言われたことを明かし「めちゃめちゃイライラしてました」サムネイル画像
宇垣美里/(c)E-TALENTBANK

12月3日深夜放送のTOKYO FM『TOKYO SPEAKEASY』に、元TBSアナウンサーの宇垣美里と、フォーリンラブ・バービーが出演。宇垣が、局アナ時代によく言われていたことを明かした。

【別の記事】宇垣美里、フリー転身後の“大きな悩み”告白「どうやってお仕事を…」

番組内で、宇垣は、TBSのアナウンサーについて、「たぶん社員もそうだと思うんですけど」と前置きした上で、「スタッフも含めて、TBSの人って、すごく我が道を行くタイプの方が多くて」「“みんな個性的だな”っている時は思ってたし、そこが気持ちよかったですね」と振り返った。

また、この流れで、同期のアナウンサーの仲についての話題になると、宇垣は、「人にもよると思うんですけど、私の代は少なくとも私と私の同期の女の子はすっごく仲が良くって、お姉ちゃんみたいな感じだった」と明かした。

その上で、局アナ時代はよく、“どうせ女子アナ同士は仲が悪いんでしょ”と言われていたことを明かし、「“古いんだよ。私の敵は女でも男でもなく、そういうこと言ってくるテメーだ”って、ずっと思ってました」「めちゃめちゃイライラしてました」と、当時の心境をぶっちゃけ、バービーは笑い声をあげていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254