ミルクボーイ駒場「痛いところを突かれた」先輩漫才師の言葉「おもろかったのに…」

2020.6.23 6:20
ミルクボーイ駒場「痛いところを突かれた」先輩漫才師の言葉「おもろかったのに…」サムネイル画像
(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

6月19日放送のTBS系『A-Studio+』に出演したミルクボーイ・駒場孝が、過去に先輩から言われた“ある言葉”を明かした。

【別の記事】M-1王者・ミルクボーイ、菅田将暉からの“ある言葉”明かし「ひっくり返ったな」

過去に、漫才に対する気持ちが減り、自分を見失いかけていた時期があった駒場だが、当時番組で共演していた先輩芸人の海原やすよ ともこの“何気ない言葉”が心に刺さったのだという。

駒場は「お二人は、楽屋でもロケ終わってからでも漫才の話をずっとしてて」と切り出し、「ある日に、やすよともこさんも怒るとかの感じでもなくて『駒ちゃん、昔聞いたけど、昔ミルクボーイっておもろかったのに、今あんま漫才してないらしいやん』って言われて」「『何かあったん?』みたいな感じで、ポロッと言いはったんですよ」と明かした。

続けて「それで僕は、痛いとこ突かれたなじゃないですけど」「まさにやってなかったので」「これはやらなあかんなっていう」と振り返った。また、駒場は、それまでは勉強の意味も兼ねて、先輩と一緒に飲みに行くなどしていたと話し、「5年ぐらいホントに漫才から全然遠ざかってたんで」と語っていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254