山里亮太、リモートに慣れたしずちゃんが“本当にびっくりすること”明かす「私、でけぇ」

2020.6.18 20:40
山里亮太、リモートに慣れたしずちゃんが“本当にびっくりすること”明かす「私、でけぇ」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

6月17日深夜放送のTBSラジオ『JUNK 山里亮太の不毛な議論』に出演した南海キャンディーズ・山里亮太が、相方のしずちゃんこと山崎静代のエピソードを語った。

【別の記事】南キャンしずちゃん、蒼井優との久々の食事で“尾行”された出来事明かす

番組冒頭、山里は、山崎について「最近、家にいる時間も(多くて)人恋しいのか…」と切り出した上で「しずちゃんね、気をつけたほうがいいのがね、『人恋しい』っていう言い方を、いつも『人間がいい』って言うのね」「『人間、会いたい』とか。もう会わなすぎてバケモンになっちゃってるわけよ」と冗談交じりにコメント。

続けて「インスタライブとかZoomとかでの仕事の参加しすぎて、人に会ってないじゃない?」「人に会ってない状態で久しぶりに外出て、他の人間を見るじゃない。すると本当にびっくりするんだって。『私、でけぇ』つって」と山崎について明かし、周囲の笑いを誘った。

そして「Zoomって同じ画角じゃない」「みんなサイズ感が一緒だから、それで何ヶ月も過ごしたから、あの子の中で、“みんな自分と同じ大きさだ”みたいになっちゃってたんだって」と補足を加え、「特にアイドルの人とかとすれ違ったりする時に『嫌になるぐらい自分のデカさを感じる』っていうのを言ってたわ」と明かした。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100