関ジャニ∞、滝沢秀明氏の作詞した楽曲に「ジャニーズでも誰でもできない」

2020.6.9 6:10
関ジャニ∞、滝沢秀明氏の作詞した楽曲に「ジャニーズでも誰でもできない」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

6月7日に放送されたテレビ朝日系『関ジャム 完全燃SHOW』に、音楽プロデューサーのヒャダインが出演。滝沢秀明氏の楽曲を紹介した。

【別の記事】滝沢秀明、後輩のデビューを社長に掛け合う「タッキーのおかげ」

番組内では『プロが選んだジャニーズの本当にスゴい曲』として、ヒャダインが滝沢氏の楽曲『愛・革命』を紹介し、「これは本当、もうね、仰天しましたよね。出た時にね」「良いトンチキです、本当に。確信犯のトンチキです」と楽曲を評価した。

この曲ついて、関ジャニ∞の大倉忠義は「冒頭のセリフの意味まだわかってないですもん僕」「僕の人生の浅さでは…」と話し、関ジャニ∞の村上信五も「俺もわかんないですもん」と話した。

そして、滝沢本人が作詞したという同曲はバラードから始まり、語りが入り、ラテンテイストになってゆくという独特の構成に、関ジャニ∞の横山裕は「ジャニーズでも誰でもできないです、これは」「タッキーやから」と、滝沢氏の美意識を推察。

続けて横山は「一回うちのマル(丸山隆平)がやったんすよコレ、大変なことになってましたもんね」「それはそれでおもしろかったんですけど、やっぱかっこよくはならないです絶対」と、丸山が同曲をカバーしたというエピソードも披露しながら、滝沢氏のすごさを振り返っていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100