滝沢秀明、後輩のデビューを社長に掛け合う「タッキーのおかげ」

2018.12.14 17:41

滝沢秀明、後輩のデビューを社長に掛け合う「タッキーのおかげ」サムネイル画像

13日に放送された日本テレビ系『ダウンタウンDX』に出演したA.B.C-Zの河合郁人が滝沢秀明の引退について語った。

もともとジャニーズアイドルが大好きで事務所に入ったという河合が、今年のジャニーズのエピソードをまとめて披露した。

その中で、年内で芸能活動を引退し、事務所タレントの育成やプロデュースを行っていくことを発表した滝沢について、河合は「みなさん驚いたと思うんですよ」として「後輩の僕たち的には、そんなに驚かなかったというか」「もともと滝沢くんってタレントさんをしながらプロデューサー業のこともやっていたので、いつかはこっち(プロデューサー業)1本になるんだろうなっていうのは」と語った。

続けて「A.B.C-Zとかキスマイ(Kis-My-Ft2)のデビューはタッキーのおかげでできたみたいなところもある」「ジャニーさんにちょっと話に行ってくれたみたいな」とデビューに関して滝沢に感謝している様子を覗かせた。

滝沢は、タッキー&翼として活動していたが今年9月に解散。12月26日にはタッキー&翼のベストアルバム『Thanks Two you』がリリースされる。

関連画像

関連記事