TOKIO松岡、『紅白歌合戦』の“緊迫した裏側”を明かし「ボロボロにされる…」

2019.12.24 6:00
TOKIO松岡、『紅白歌合戦』の“緊迫した裏側”を明かし「ボロボロにされる…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

12月21日深夜放送のテレビ東京系『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』にTOKIOの松岡昌宏が出演した。

【別の記事】欅坂46メンバーが明かしたKinKi Kids堂本剛との“紅白エピソード”に反響「剛さんそういうとこある」「最高of最高」

番組には演歌歌手の丘みどりをゲストに迎え様々なトークを展開。その中で「どうでしたか?紅白はそれこそあこがれの舞台だったと思いますし…」と、『NHK紅白歌合戦』に出演経験がある丘に対し質問が投げかけられるシーンがあった。

それに対し丘が、同番組の舞台裏について「ずっと誰か怒鳴ってませんか?」とコメントすると、TOKIOとして出演経験のある松岡は「生放送なんで、(時間が)押しちゃまずいわけで」として舞台の装飾を担当する技術スタッフや美術スタッフらがその声の主だろうと説明。「もう戦場ですよ、裏(側)は」と発言した。

そして「紅白だけは、演者が誰かに守ってもらわないと、もうボロボロにされるんですよ。もみくちゃ」と語り、丘も「行きたい方向に進めないので」とその緊迫した舞台裏を語った。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100