広瀬すず、初の舞台で経験した“ピンチ”明かす「お客さんが笑い始めちゃって…」

2019.11.13 7:10
広瀬すず、初の舞台で経験した“ピンチ”明かす「お客さんが笑い始めちゃって…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

11月12日放送の日本テレビ系『バゲット』に広瀬すずが出演した。

【別の記事】広瀬すず、自らスカウトした大型新人を明かす「1人だけすごい…」

番組では、映画『ルパン三世 THE FIRST』の声優を務める広瀬と藤原竜也に対するインタビューを放送。この中で、広瀬は“自分に驚いたこと”があるとして、「初めての舞台をやってて」「初めてセリフがこの前飛んで…なのに、焦らなかったんです」と振り返った。

続けて「でも、次の言葉が出てくるわけじゃないから、沈黙みたいになっちゃって」「焦らない自分にもびっくりしたし、セリフが出てこなかった自分にもびっくりしたし」と語り、「お客さんが笑い始めちゃって、それにもびっくり」「でも素敵なお客さんでよかった」とコメントした。

これを受け、インタビュアーが「藤原さんはね、舞台たくさんやってらっしゃいますけれども」と話題を振ると、藤原は笑いながら「僕なんか(セリフが)飛んだらそのままですから」「人のせいにしたり」「俺のせいじゃねえだろ…みたいな。開き直り」とコメントして、広瀬は笑い声をあげた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100