滝沢カレン、明石家さんまへの感謝と尊敬を明かす「初めて私の話を最後まで…」

2019.10.15 20:10
滝沢カレン、明石家さんまへの感謝と尊敬を明かす「初めて私の話を最後まで…」サムネイル画像
滝沢カレン

10月15日放送のTBSラジオ『伊集院光とらじおと』に出演した滝沢カレンが、日本テレビ系の番組『踊る!さんま御殿!!』に初出演した際のエピソードを語った。

【別の記事】明石家さんま、滝沢カレンのある発言に驚き「失礼なこと言った覚えはない」

パーソナリティの伊集院光が、滝沢に「バラエティで大ブレイクしちゃうじゃん」と切り出すと、滝沢は「いえいえ…それはないですけど」と謙遜した上で「その全部が『さんま御殿』さん」と発言した。

続けて、約4年前に同番組に初出演したことを振り返り、「(収録した)日にちは覚えてますけど、想像はできません」「本当に緊張しました。なので、もうあの時の記憶はないです」と当時の心境を明かした。

さらに「(明石家)さんまさんが、初めて私の話を最後まで聞く第一人者」「私のエピソードはいつも緊張で止まってしまうんですけど、最後まで聞いてくれたのが初めてがさんまさん」とコメントした。

これに対し、伊集院も「さんまさんってそう言われてみれば、編集とかもあるから、人の言うことを聞かないイメージあるんだけど、違うよね。あの人」「オチまでいってくれるよね」と共感し、「日本一のあの人はしゃべり手で、聞き手だから」と語っていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100