北村匠海、20歳の誕生日会での“忘れてしまいたい”エピソード明かす「すっからかんで…」

2019.9.25 11:30

9月22日放送の日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に北村匠海が出演した。

【別の記事】北村匠海、バスケの試合で見せた“一発逆転”プレイに「惚れ直した」「カッコよさ全開」

番組では、北村の「1番忘れてしまいたいこと」として、20歳の誕生日会での出来事がVTRで紹介された。劇団EXILEの佐藤寛太の家で誕生日会を開いてもらった北村は、その日に初めてお酒を飲んだが、その後の記憶が全くなく、起きた時にはベッドに寝ていたという。

しかも、家主の佐藤は床で寝ており、北村の服はハンガーにかけてあったことから、自分が酔って面倒をかけたことに気付いて恥ずかしくなり、佐藤に謝りもせずに帰ってしまったと明かされた。後日、佐藤に会うと「20歳になった日なんて、みんなそんなもんだよ」と言われ、余計に恥ずかしくなったという。

VTR後、北村はこの日について「まあ、すっからかんで、記憶が…」と振り返り、他の出演者らは「飲み初めの時はね、なりますよね」「自分の(飲める)量がわからへんからね」と同情するようなコメントをしていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100