北村匠海、バスケの試合で見せた“一発逆転”プレイに「惚れ直した」「カッコよさ全開」

2019.9.20 7:40

北村匠海、バスケの試合で見せた“一発逆転”プレイに「惚れ直した」「カッコよさ全開」サムネイル画像

北村匠海

9月18日深夜放送の日本テレビ系『それって!?実際どうなの課』に出演した北村匠海が、ネットで反響を呼んでいる。

番組では、「ドラゴンボール」のキャラクターに扮した芸人たちと、大の「ドラゴンボール」ファンであり、中学時代はバスケットボール部に所属していたという北村が協力して、3人制バスケットボール「3×3」の日本代表選手と対決する企画が行われた。

試合は、相手選手1人に対して北村らのチームが5人という人数構成で、相手が3点入れる間に、北村らのチームが1点でも入れられれば勝利という特別ルールで行われた。

序盤は相手の実力に圧倒されて2点を入れられる展開。あと1点が入れば負けとなってしまうというところで、北村がシュートを決め、勝利となった。

試合後、北村が「かなり連携が(取れていた)」と自分のチームメンバーに賞賛を送ると、メンバーの芸人は「気遣いまでしてくれんだな」「完璧じゃねえかよ」とコメントし、北村に感心している様子を覗かせた。

この放送に対し、ファンからは「匠海くん流石」「バスケ出来て歌上手いって天才すぎる」「全部もってかれたな」「超かっこよくて惚れ直した」「カッコよさ全開」といった反響があった。

関連画像

関連記事