みちょぱ、中学時代の“いろんなこと”が起きた夏休みを語る「初カレが…」

2019.9.2 18:05

9月1日放送のニッポン放送『♯みちょパラ』にみちょぱこと池田美優が出演した。

【別の記事】みちょぱが明かす、“離婚は怖くない”理由とは?「ママが…」

番組冒頭、池田は「学生はもう夏休みが終わってる人もいるのかな?それか(学校が)明日からって人もいるのかな?」と切り出し、自身の中学時代の思い出として「(夏休み明けの)初日は宿題を回収されるから、基本的に1日目から行った記憶はないんだよね」と明かした。

さらに「小学校まではホント真面目だったのよ」「小5ぐらいからちょっとメイクっていうのを覚えて」と振り返り、その時期から雑誌『egg』を読み始め、ギャルに憧れるようになったと説明。その上で「それは家帰ってからの話だったから、学校は普通に行ってたし」「勉強もそこそこ…授業ではちょっとやってたぐらい?」と振り返った。

続けて「バスケ部に中1で入って」「7月の夏休み入ったぐらいから練習に行かなくなっちゃったわけですよ」と語り、「ちょっとグレ始めたというか…」「宿題をたぶんやってなかったね」と明かした。

また、池田は「大体夏って何か起きるからね。夏休みって」と話し、「中1の夏もグレ始め、中2の夏はグレた初カレができ、中3の夏はちょうどモデルを始めた時だったから」「結構ね、夏っていろんなことが起きるのよ」と振り返った。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254