【プロが教える】クレンジングで目のクマ悪化?!アイリムーバーで正しいメイク落としを!

2021.4.5 19:30
【プロが教える】クレンジングで目のクマ悪化?!アイリムーバーで正しいメイク落としを!サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

皆様、アイメイクは普段どうやってクレンジングしていますか?

・シートを使っている
・メイク落としで落としている
など様々だと思います。

アイメイクのクレンジングにおいて、大切なのは落とし方!
実は方法を間違えると、新たな茶くまを作り、目元のくすみが加速してしまうのです。

そこで今回は、正しい目元クレンジング法を4ステップでご紹介!
目元の健康が蘇り、アイケアコスメもグッと浸透するようになるので必見です!

【プロが教える】そのアイメイクNGかも?!目が小さく見える原因はこれ!

■コットンを使いまぶた全体をオフ

まずは全体を落とす
まずは全体を落とす

まずはアイホールに乗っているアイシャドウやラメ、マスカラを落としていきます。
クレンジング剤をつけたコットンを30秒くらいのせてなじませます。
こすらないように、横にスライド。

■綿棒とコットンを

目のキワを綿棒で
目のキワを綿棒で

根本からつけたマスカラやキワのアイライナーなどの細かい部分は、綿棒を使ってオフ。

コットンも使って
コットンも使って

まつげを下からコットンで押さえ、クレンジング剤をとった綿棒で、優しくなでるようにして落とします。

このとき絶対にやってはいけないのが、コットンでゴシゴシこする行為。

■更に綿棒の先で

内側もしっかり
内側もしっかり

まつ毛の間や粘膜に残ったアイラインをオフするときは、もう片方の手で上まぶたを持ち上げ、際が見える状態にします。

ここら面倒がらず、きちんと落とすことが大切です。
落とし不足があると、皮膚に付着しくすみに変化する原因に。

■下瞼は最後に

油断は禁物!
油断は禁物!

上瞼をクレンジングしているときに、下瞼に移ってしまった汚れを最後に拭き取ります。
綿棒を使い、なでるような軽いタッチで行うこと。

更に、ここにも注目!

忘れがちなここ!
忘れがちなここ!

目尻側にアイラインやマスカラの粉がたまってしまうことも。
これは放置せずに、綿棒でしっかり拭き取りましょう。

いかがでしたか?
目元クレンジングは、ついゴシゴシしがち。
間違ったクレンジング方法が知らず知らずのうちに「茶くま」を生み出してしまいます。
ひと手間かけることで肌の状態をより良く♪

Text & Photo by RIE

RIE Instagram アカウント

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254