有吉弘行、“高度プロフェッショナル制度”のネーミングに「恥ずかしい」

2019.5.24 7:30

有吉弘行、“高度プロフェッショナル制度”のネーミングに「恥ずかしい」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

5月22日に放送されたテレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』に有吉弘行が出演。“高度プロフェッショナル制度”のネーミングについて言及した。

番組内で働き方の話題になると、有吉は「我々はもう、”高度プロフェッショナル”ですから」と、年収1075万円以上の一部の人で、本人が許可した場合に労働時間や休日などの制限を受けないといった制度である“高度プロフェッショナル制度”の対象者だと切り出し、マツコ・デラックスも「もう関係ないですよ。労働基準法から外された人間ですから」とコメント。

さらに、マツコは「あれ、バカにしてるようなネーミングだよね」と漏らすと、有吉も「バカにしてる名前だよね、ほんとに恥ずかしいよね」と心境を覗かせた。

そしてマツコは「法に守られてない人間ってことでしょ」と続けると、有吉は「浪人ね。浪人たち」と自身の職業について自虐交じりに発言し、笑いを誘った。

関連画像

関連記事