柏木由紀の“大胆告白”に指原驚愕「アイドル引退してから言うエピソード」

2019.5.15 18:10

柏木由紀の“大胆告白”に指原驚愕「アイドル引退してから言うエピソード」サムネイル画像

柏木由紀

5月14日深夜放送の日本テレビ系『AKBINGO!』に出演したAKB48・柏木由紀が、黒髪を卒業した理由について明かした。

番組では、“ぶっちゃけベースボール”という企画が行われ、メンバーたちが禁断の話を暴露していった。その中で“今だから言えるザンゲ”というお題に挑戦した柏木が「私は『一生黒髪でいる』と宣言していたけど、ドラマの役で茶髪に染めました。でも、それ実はドラマの監督に頼んで、『茶髪の役の設定にしてくれ』と無理やり頼みました」と暴露すると、スタジオからは次々に「えー!」と驚きの声が上がった。

MCのウーマンラッシュアワー・村本大輔から「どういうこと?」と聞かれた柏木は「私は10代の頃に、私はもうアイドルの決まりとして『一生黒髪でいます』っていうのをいろんな番組とかでも言ったんです」と切り出し「20歳になって、なんか周りを見て『自分ってすごい”芋っぽい”な』って思い始めた。『どうしよう』って思った時に、初めて主演のドラマが決まって『これを逃したら2度と私は茶色に染められない!』と思って、(ドラマの)監督さんのところに行って『このドラマで柏木が”茶髪にした”っていう内容にしてくれ』って言って…」と髪を染めた理由と、その手段をドラマの監督に直談判していたことを明らかにした。

この暴露発言に対して出演者の指原莉乃は「すごいウソつきだね、すごいね」と驚いた様子をみせ「アイドル引退してから言うエピソードじゃない?今言うのがすごい」とツッコミを入れた。

柏木はこの指原の言葉に対して「グループやめるつもりもない、やばい!」と答え、自身の懺悔に苦笑いをしていた。

関連画像

関連記事