松坂桃李、「マンションの下で告白」した中学生時代の初恋を振り返る

2019.5.14 7:20

5月11日、TBS系『サワコの朝』に出演した松坂桃李が初恋相手について語った。

【別の記事】松坂桃李、モテたくてやった”あること”を「マジでやめろ!」と姉に怒られた過去明かす

松坂は番組内で“今でも記憶に残っている曲”としてMONGOL800の『小さな恋のうた』をあげ、中学生の頃に交際をしていた初恋の相手を思い出す曲だと話した。

阿川佐和子に「どんな子だったんですか?」と聞かれると「すごい明るい子で」「すごく元気で明るく」と照れた様子で初恋相手について語った。

続けて阿川に「どこで見染めたんですか?」と投げかけられると「中学の時にアレですね、出会って『あ、可愛いな』と思って」「自分の中での思いが積み重なって、お付き合いしたいと思い、本当にベタなんですけど友達のマンションの下で告白しましたね」と思いが募り告白したと振り返った。

また、この曲を聴くたびに中学時代のことを思い出すとして「ドキドキを思い出す」「いわゆる青春を彩ってくれた曲といいますか、感情が高まるとか『なんかちょっとザワザワするなぁ』とかっていうのが初めてだったので」と当時の心境を明かした。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100