松坂桃李、モテたくてやった”あること”を「マジでやめろ!」と姉に怒られた過去明かす

2018.2.2 20:10

松坂桃李、モテたくてやった”あること”を「マジでやめろ!」と姉に怒られた過去明かすサムネイル画像

松坂桃李

1日に放送されたTBS系『櫻井・有吉THE夜会』に俳優の松坂桃李が出演した。

番組内では、MCの有吉弘行が「桃李くんもモテたい一心で、青春時代をちょっとヤンチャしてたというか」と話し出し、13歳当時の松坂の写真を紹介。

髪にパーマをかけた13歳の自分に松坂は爆笑。この髪型は、人気バスケット漫画『スラムダンク』に登場するキャラクター、宮城リョータの真似をしていたと紹介された。

当時の髪型について松坂は「うちの姉に、ダサいからマジでやめろ!って」と、姉から強く言われたと話し、周囲からは笑い声が上がっていた。

このエピソードにTwitterでは「桃李くんリョーちんスタイルだったの!?」「桃李くんスラムダンク好きなんだ」「結構似てるし笑」と様々な反響が寄せられていた。

松坂は以前にも学生時代の話題に触れている。その際は、高校時代に友人と刺激を求めてメイド喫茶に行ったことがあると明かし、その日が特殊な『今日はツンデレデー』というイベントだったため、メイドの対応が冷たく「なんか散々な結果だったんですよね」と振り返っていたことがあった。

関連画像

関連記事