嵐・相葉雅紀、“寝ている間”の恐怖体験を語りメンバーも「怖っ!」

2019.5.5 18:30

嵐・相葉雅紀、“寝ている間”の恐怖体験を語りメンバーも「怖っ!」サムネイル画像

5月4日に放送された日本テレビ系『嵐にしやがれ』に出演した嵐の相葉雅紀が寝ている時のエピソードを披露した。

番組では、ガンバレルーヤのよしことまひるがゲストとして出演し、幼少期や学生時代など、これまでの歴史を振り返った。

その中で、まひるが小学生時代に“寝ながら散歩してしまう”という悩みを抱えていたと紹介され、「夢遊病気質と言いますか、目覚めたら変なところにいることが多かったんです」と告白した。

続けて「寝坊して猛ダッシュで学校行く夢見て、パッて目覚めたら本当に学校の教室にいた」と無意識に夢の中での行動を実行していたと語った。

この話に驚きの声が上がる中、相葉は「言ってないけど、俺も1回だけあって、そういう経験が」と切り出した。「もう1人暮らしして」とまひるとは違い、大人になってからだとして、「気づいたらさ、赤のれんのラーメン屋の前に(いた)」と明かすと、嵐メンバーは「怖っ!」とコメント。

さらに相葉は「で、片足サンダル履いてて、片足裸足なの。マジ怖くて」と当時の様子や心境を明かし、スタジオは再び驚きに包まれた。

関連画像

関連記事