乃木坂46秋元真夏、握手会でのテクニックを披露し今田耕司「釣られた」

2019.4.25 7:30

乃木坂46秋元真夏、握手会でのテクニックを披露し今田耕司「釣られた」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

4月23日深夜に放送されたテレビ東京系『吉本坂46が売れるまでの全記録 シーズン2』に出演した乃木坂46・秋元真夏が握手会でのテクニックを明かした。

番組冒頭、出演者のタカアンドトシのトシが「秋元さん、ファンの方から“○○師”と呼ばれてるということでね」と秋元の呼び名について切り出し、今田耕司やタカが予想していった。

これに秋元は「正解は釣り師です」と明かし、「釣りが好きなわけじゃなくて、握手会とかで“人の心を釣っちゃう”みたいな」と自分に興味がない人でも一瞬でファンにしてしまうと説明。

すると、今田が「なんかテクニックあるの?自分なりの」と質問し、秋元は「握手会とか“できるだけ距離を近めに”とか、“敬語を使わずにわざとタメ口で”…」と明かした。

そして、今田を相手に実践をする流れになり、秋元は握手をしながら「この握手よりももっとラブラブできる握手があるんだけど、そっちやってもいい?」と言うと、両手を前に出して今田と指を絡め「はい、恋人繋ぎ」と微笑み、今田は「釣られた」と照れたような表情を覗かせた。

関連画像

関連記事