ダウンタウンの“ルーツ”は放送室?浜田のやんちゃエピソードに、松本も「ホンマやで」

2019.4.13 18:00

ダウンタウンの“ルーツ”は放送室?浜田のやんちゃエピソードに、松本も「ホンマやで」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

4月11日に放送された日本テレビ系『ダウンタウンDX』で、ダウンタウン・松本人志と浜田雅功の学生時代のエピソードが明かされる場面があった。

番組では、様々な芸能人の地元や実家を訪れたロケの様子がVTRで放送された。この中で、ダウンタウンの地元である兵庫県尼崎を同郷のじゅんいちダビッドソンが訪れ、2人の思い出の地を巡ってレポートした。

じゅんいちは、ダウンタウンの母校である大成中学校を訪ね、2人のゆかりの場所とされる放送室を見学した。加えて、当時、松本と浜田は2人とも放送部に所属しており、放送室をたまり場にして遊んでいたことがVTRで説明された。

また、案内した教員から、“大成中学校には、当時から浜田が子分を従えていたという噂がある”と明かされると、スタジオには笑いが起こり、浜田は「何を言うてんねん!どこにおんねん、そんなん。おかしいやん」と笑いながらツッコミを入れていた。

VTR後、松本が「浜田が子分従えてたのはホンマやで。いつも大体1人か2人子分…」とコメントすると、浜田は「おまえふざけんなって」と否定する様子を見せていたが、松本はさらに「やんちゃです。だっておまえ、如意棒持ってるって噂あったで」と明かし、スタジオの笑いを誘った。

関連画像

関連記事