島崎遥香、アイドル時代の“塩対応”は「最初はすごく…」複雑な心境を吐露

2019.4.4 20:20

島崎遥香、アイドル時代の“塩対応”は「最初はすごく…」複雑な心境を吐露サムネイル画像

4月3日に放送された日本テレビ系『有吉反省会』に出演した島崎遥香が、アイドル時代の心境を明かす場面があった。

今回は「ウソつきアイドル祭り」と題し、様々な芸能人が集まって、それぞれが反省したいと思っていることを明かした。この中で、島崎は過去にテレビや雑誌のインタビューで「男に興味が無い」と塩対応で答えてきたが、それは嘘であり、本当は男性にモテたいと思っていることを反省した。

番組MCの有吉弘行から「でも、モテるだろ?」と質問された島崎は、「やっぱり、フィルターがかかっているのか、塩対応っていう…」と切り出し、「普通に喋ってるだけでも『あっ喋ってくれるんですね』っていうのが多くて」と語り、自身の“塩対応”というイメージに対する複雑な心境を明かした。

さらに、有吉に「辛くなかった?ああいう塩対応みたいな(イメージがつく)の」と聞かれると、島崎は「最初はすごく悲しかったですけど、でもだんだん慣れてくるものなんですね、不思議と」とコメントし、当時の心境を振り返った。

関連画像

関連記事