乃木坂46・高山一実「全部が幸せじゃなくて…」アイドルとしての心境を吐露

2019.4.2 20:20

乃木坂46・高山一実「全部が幸せじゃなくて…」アイドルとしての心境を吐露サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

4月1日深夜に放送されたテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に乃木坂46の高山一実が出演した。

番組には、安田大サーカスのクロちゃんが登場。努力せずに甘い汁ばかり吸ってきた人生を振り返り、自身のように楽して生きようとする”甘汁モンスター“の生態を伝える授業を展開した。

この中で、クロちゃんは芸能界を「甘汁の総本山」と表現し、”アイドルのようにちやほやされたい“という考えの元、芸能界に飛び込んだことを明かした。

さらに、クロちゃんは「皆さんもね、甘汁吸えると思ってね、芸能界入ってきたんですよね?」と問いかけ、続けて高山に「だってかずみんもね、乃木坂っていうとね、(AKB)48グループが出た後にできたグループだし、何か甘汁が吸えるって思って入ったはずなんですよ」とし、「チヤホヤされたかったでしょ?じゃなかったら入らなくていいじゃん」と追及した。

高山は「そんなことないですよ」と否定し、「(アイドルに)なって全部が幸せじゃなくて、大変なこととかもあったけど、みんなで頑張って、辛いのを乗り越えた先に光が待ってたって感じなんですよ」と自身のアイドルとしての道のりを説明し、クロちゃんの意見に反論した。

しかし、クロちゃんは「元々ね、全然誰も見てないようなね、どの運営か分からないような所に入らなかったじゃないですか」と知名度のある乃木坂46を選んだことを批判し、「甘汁を吸おうと思って入ったんですよ」と独断したため、高山は言葉を無くして呆れたような様子を見せ、スタジオの笑いを誘った。

関連画像

関連記事