カラテカ入江、年商1億円の副業システムとMAX月収を明かす「最高…」

2019.3.15 17:45

カラテカ入江、年商1億円の副業システムとMAX月収を明かす「最高…」サムネイル画像

3月14日深夜に放送されたテレビ東京系『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』に出演したカラテカ・入江慎也が自身の月収を明かした。

番組では、“人生が180度激変した有名人SP”と題し、芸能人が自身の経験をもとにトークを展開した。

その中で、入江は「2015年に(会社を)立ち上げまして」と話し始めると、「『イリエコネクション』という会社で、2019年で4期目を迎えるんですけど」と芸人の他に代表取締役社長として会社を設立したと語った。

続けて「基本的に僕、友達がずっと多かったんですよ、芸能界入ってから。それでたまたま色んな社長さんとご飯を食べる機会が多くて」と切り出し、「“人と人を繋げてビジネスを生む”みたいな会社なんですけど」と培った人脈を駆使し、様々な業界のエキスパートを紹介する事業をしていると説明。

番組MCの次長課長・河本準一から年商について聞かれると、「最初立ち上げた年が(年商が)1600万(円)くらいだったんですよ」と振り返り、「2年目が6000万(円)くらいで、去年10月に決算して1億円」と明かした。

また、「会社の顧問をやらせて頂いてて、定期的に社長さんとお会いして、『こういうことをして行きたいんですけど』って言われたら、『じゃあこういうことをやっていったら良いんじゃないんですか』と言うような会議をしたり」と契約した会社にアドバイスや人材紹介をしてるとして、現在では約20社と顧問契約をしていると話した。

さらに、人脈作りやコミュニケーションについての講演会もしているという入江は、「去年150本やりましたからね」と発言。これにネプチューン・名倉潤が「年商1億(円)で講演150本やったら、結構給料もらったんちゃう?」と投げかけると、「最高420万(円)くらいです」と自身の最高月収を明かし、スタジオからは驚きの声が上がった。

関連画像

関連記事