南キャン山里、“裏かぶり”の事情を明かす「うちの会社が…」

2019.3.7 21:10

南キャン山里、“裏かぶり”の事情を明かす「うちの会社が…」サムネイル画像

(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

3月6日に放送された日本テレビ系『ナカイの窓』に出演した南海キャンディーズ・山里亮太が、自身の番組の「裏かぶり」について語るシーンがあった。

今回は、番組によく出演していた芸能人が集まって、3月で終了が決まっている同番組の思い出を、お酒を飲みながら振り返る企画が行われた。

この中で、山里は最も思い出深い出来事として、自身が番組にかけられたドッキリを挙げた。このドッキリは、ゲストMCとしてよく出演していた山里が、同時間帯に他局の番組に出演する「裏かぶり」が決まったために、番組から卒業したことを利用したものである。山里が出演していた裏番組の時間帯が移動になり、『ナカイの窓』に復帰できることが決まった際、中居の発案で「中居が怒って山里の復帰が中止になる」という内容のドッキリが山里に仕掛けられた。

そのドッキリの様子をVTRで振り返った後、中居が「なんでああいうこと(裏かぶり)になるんですか?」と質問すると、山里は小声で「うちの会社が本当ブラック企業なんで…すいません」と言い訳をした。

しかし、他の出演者から、事前に裏かぶりのことは聞いていたのではないかと疑問を持たれ、中居からも「1ヶ月とか2ヶ月ぐらい前にそんな(裏かぶりの)ニオイはあるわけだよね。その時点で『いや、これは』って言えるわけだよね」と追及を受けると、山里は気まずそうに俯き、「会社のせいにしようとした自分が悪いです」と反省した様子で語った。

関連画像

関連記事