南キャン山里、米津玄師との初遭遇を期待「仲良くなれたら…」

2019.1.31 20:40

南キャン山里、米津玄師との初遭遇を期待「仲良くなれたら…」サムネイル画像

山里亮太

30日深夜に放送されたTBSラジオ『JUNK 山里亮太の不毛な議論』に出演した南海キャンディーズの山里亮太が、米津玄師について語った。

番組では、2月2日(土)に開催される山里のトークライブの仙台公演について、リスナーから“米津玄師も同じ日に宮城県でライブが開催される”というメールが寄せられた。

これに山里は「同じ日にいるわけでしょ?宮城県に」と確認し、「会うかもしんないじゃない。ワンチャンあるかもしんないね」と米津と遭遇するかもしれないと話し始めた。

「ライブをして、終わったらやっぱ打ち上げ的なものもあってさ、宮城にはちょっといるわけさ」と自身のスケジュールを明かしながら、「そうすると遭遇する可能性も出てくるじゃない」と話すも「でも“初めまして”なわけ、もちろん。どういう風な会い方が正解なのか」と、米津と対面するとしたらどんな経緯が正しいのかと切り出した。

そして「そこちょっとメールテーマにします」として「僕、米津玄師さんに会ったらどうしたらいい?」「お会いしたらもちろん挨拶もしたいし、仲良くなれたらね、嬉しいし」と、アドバイスを番組宛にメールで送るようにリスナーへ呼びかけた。

続けて「なんてお呼びしていいのかも分からないじゃない。距離感がさ、分からないし」「結構ミステリアスじゃん。今のところさ。すごい人見知りなのかもしれないし、もしくはグイグイくるタイプなのかも分からないし」と米津の人柄に興味を示していた。

トークライブ『山里亮太の140』新シーズンは2月2日(土)の仙台公演からスタート。山里が自身のツイートを振り返りながら、その140文字では収まりきらなかった当時の出来事を、善意と悪意を織り交ぜながら、事実と真実を2時間しゃべり尽くす。

関連画像

関連記事