永野芽郁、『3年A組』での演技を語る「終わったらポーンって…」

2019.3.8 11:10

永野芽郁、『3年A組』での演技を語る「終わったらポーンって…」サムネイル画像

(c)Stardust Promotion,Inc.

3月7日、日本テレビ系『ZIP!』に永野芽郁が出演し、現在放送中のドラマでの撮影姿が明かされた。

スタジオには菅田将暉と永野が登場。ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』で共演する今田美桜らもVTR出演し、菅田と永野の演技について語った。

その中で、今田は永野について「セットに入った時のスイッチの切り替えが本当にすっごいので」と話し始め、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)も「ビックリするもんね」とコメント。

さらに川栄李奈も「号泣した後に『あ~お腹すいた~!』って控室に行ったりするから本当に凄いなと思います」と永野の感情の切り替えを絶賛し、今田は「気持ちの持って行き方ってどんなふうにしているんだろうなってすごい思ってました」と発言。

スタジオでVTRを見ていた菅田も頷きながら「さっきまで号泣でバーッてやってたりしてて、もうそのまま『お疲れ様でしたーっ』って」と号泣する演技の後に陽気に挨拶していたと話した。

これに永野は「スタートからカットまでの何分間かは、役と自分の心を2つ持ってなきゃいけないじゃないですか」として、「それがちょっとしんどいので、終わったらポーンって捨てた方が楽なんですよ」と切り替えが早い理由を明かし、菅田は「やろうと思ってできることじゃないと思いますけどね」とコメントしていた。

関連画像

関連記事