オードリー若林、“あるモノ”への想いを熱弁「家でずっと撫でて…」

2019.3.6 20:50

オードリー若林、“あるモノ”への想いを熱弁「家でずっと撫でて…」サムネイル画像

オードリー・若林正恭

3月5日、フジテレビ系『セブンルール』に出演したオードリーの若林正恭があるモノに対する想いを明かした。

番組のトークの中で若林は「いつから始まったのかわかんないですけど、芝生がすごい好きで…」と話し始めると、「アメフトのスタジアムに年1でアメリカに行くと必ず人工芝にほっぺたくっつけたりして」「ちょっとずつ違うんですよ長さとか、ゴムチップの量とかが」と、“芝生”に対する愛を語った。

そして若林は芝生の手触りが好きだと明かし、「植木鉢の芝生を買って家でずっと撫でてハイボールとか飲んでて…」と日常でも芝生と触れ合う様子を語ると、スタジオからは「え〜!面白い」と声が飛んだ。

さらに子どもの時から好きだったと言い、「外野がどうしてもやりたくて、内野に回されるとほんと嫌で」と野球場の内野部分には芝生がないため「土かよ!」と思っていたことを明かしスタジオの笑いを誘った。

関連画像

関連記事