千鳥・ノブ、「誰とも会いたくなくなって…」多忙すぎる心境を告白

2019.3.3 18:45

千鳥・ノブ、「誰とも会いたくなくなって…」多忙すぎる心境を告白サムネイル画像

(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

2月28日に放送されたテレビ朝日系『アメトーーク!』に千鳥・ノブが出演した。

番組では、特にトークテーマを設けず、1人目が話したトークから話題を繋いでいく「立ちトーーク」という企画が行われた。この中で、海外旅行の話題が出ると、ノブは忙しい合間を縫って出かけたグアム旅行についてのトークを切り出した。

ノブは「年末、ありがたいことにめちゃくちゃ仕事させてもらったんですよ」「1日(仕事が)3本4本みたいなやつを、1ヶ月ずーっと」と、昨年末、非常に忙しかったことを説明した。

さらに、「最後の最後、誰とも会いたくなくなってきたんですよ」とし、「芸人さんにも会いたくない、会いすぎて。テレビ局のスタッフさんにも会いたくない状況まで追いこまれて」と多忙のために起きた心境の変化について明かした。

加えて、ノブは「嫁と子供と『もうグアム行こう』って言って。グアム行ったんですよ、1週間休みもらって」とリフレッシュのために家族旅行に行ったことを振り返った。「ホテルついて、プールサイドでこうやって(寝て)、『はあーっ、1週間お笑いのこと全部忘れよう』と思ったら、後ろから『ノブさんも来てたんですかー』って聞こえてきて」「パッと振り返ったらノンスタ(NON STYLE)井上やったんですよ」と、旅行先でNON STYLE・井上裕介に遭遇してしまったと話した。

その後、ノブは「『来てたんや〜』って麒麟の田村(裕)さん来て」「『あーノブもいたんや』ってロザンの宇治原(史規)さん来て」と話し、続々と知り合いの芸人が現れたことを説明。ノブが当時の状況を「ルミネの楽屋か!!」と例えてツッコむと、スタジオは笑いに包まれた。

関連画像

関連記事