おぎやはぎ矢作、事務所所属までの苦労を語る「ふざけんなってキレられて…」

2019.2.28 11:15

おぎやはぎ矢作、事務所所属までの苦労を語る「ふざけんなってキレられて…」サムネイル画像

おぎやはぎ・矢作兼

26日に放送されたフジテレビ系『有吉弘行のダレトク!?』におぎやはぎが出演した。

番組では、おぎやはぎと共に、同じ人力舎所属であるアンタッチャブル・山崎弘也、ドランクドラゴン・鈴木拓、遼河はるひがゲストで出演し、若手時代の思い出や事務所の内情についてエピソードを披露した。

その中で、矢作兼はなぜ人力舎に所属したかの理由について、「芸人のなり方なんか分からないから、やっぱりパッと思いついたのが太田プロだったんだよ」と話し始め、まずは知名度のあった太田プロダクションを選んだと振り返った。

矢作は、太田プロダクションに電話したところ、申し込み用紙が送られてきたことを説明。しかし、用紙に「5万円払えみたいなことが書いてあって」とし、「お笑い始めるのにお金かかるっておかしいなと思って」と話すと、当時は現在のようにインターネットが発達しておらず、事務所に関する情報が正しいかどうかも調べられなかったため、「この事務所怪しいと思ってまずやめた」と明かした。

続けて、矢作は、「ホリプロにネタ見せに行ったら『ふざけんな』ってキレられたのね」と明かし、小木博明も「ネタ見せの雰囲気がすごい怖いんだよね」と当時の様子を語った。矢作は、その次にネタ見せに行ったワタナベエンターテインメントでは、現在所属している芸人までしか面倒は見ないので、ネタ見せに来ないでほしいと告げられた上で、「『人力舎とかいいんじゃない?』って(言われて)、ナベプロに薦められたの、人力舎を」と所属が決まるまでの経緯を語った。

矢作が「そっからはもう大爆笑につぐ大爆笑で、今の地位を獲得していったわけだけど」と締めくくると、番組MCの有吉弘行は「(当時)あんまり見たことないんだよな」と話し、山崎も「そうでもなかったですよね」と同意する様子を見せたため、おぎやはぎの2人は苦笑いしていた。

関連画像

関連記事