松本人志も「棒立ち」した人気講談師のスベり「あんなモンスターが…」

2019.2.21 11:10

松本人志も「棒立ち」した人気講談師のスベり「あんなモンスターが…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

19日深夜に放送されたテレビ東京系『チマタの噺』に出演した講談師・神田松之丞がある番組の収録を振り返った。

番組には、“今最もチケットが取れない毒舌男”として神田がゲスト出演。「鶴瓶師匠に色々聞きたいのは」と切り出し、「最近ちょこちょこと出させて頂く機会が増えたんですけど、結構スベり倒してて」とテレビ番組に出演してもスベってしまうと悩みを話し始めた。

続けて「着物着てて、落語でも歌舞伎でもない講談っていう訳わかんないやつに救いの手もないんですよ」「どう扱っていいかわかんないっていう」と話し、笑福亭鶴瓶が日本テレビ系『ダウンタウンDX』での収録について話を振ると、「信じられないスベり方して」と笑顔で振り返った。

ラジオ番組で毒舌なトークをしているという神田は「それを聞いたDXのスタッフが『あんな感じでお願いします』って言って」と打ち合わせでは毒舌な発言を求められたとして、「リップサービスで人の悪口言ってるんですけど、本当はいい人間じゃないですか」と笑いを誘った。

そして、番組中にあるグループのメンバーについて話を振られたとして、「ちょっとオトした方がいいと思って、『最初出てきた時あんまり顔がそんなに事務所の方向性として合ってなかったけど、今結構こんなんなって。最初大丈夫かなって思いましたよ』ってリップサービスのつもりで言ったら、シーンってなって」と当時のスタジオの様子を覗かせた。

これに笑福亭鶴瓶が「こんな空気読むやつが『これ言うたらあかんな』っていうのは思わんかった?」と投げかけると、神田は「俺そこはバカで、スタッフさんの言うことを守ろうって最後までして2時間半スベりっぱなしだったんですよ」と真面目な一面をうかがわせた。

最後には「あのダウンタウンの松本さんが」とMCを務める松本人志の名前をあげ、「あんなモンスターが、僕が言ったことに対してどうにもなんないから棒立ちだったんですよ」と明かし、「そんな松本さん見たことないっていうか」と松本も処理できないほどの状況だったと語った。

関連画像

関連記事