千鳥・大悟、“人気なかった”頃の戦略を語り「無理でしょ」

2019.2.21 7:10

千鳥・大悟、“人気なかった”頃の戦略を語り「無理でしょ」サムネイル画像

(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

19日深夜、フジテレビ系『志村でナイト』に出演した千鳥の大悟が過去について語る場面があった。

番組にはプラス・マイナスの2人が登場し、芸人として“日の目を見ない日々”についてトークを展開。すると大悟は「若手の劇場はどっちかが多少見れる顔じゃないと」と顔が重要だと切り出した。

さらに「昔、『ノブの方を男前担当で頼むな』とか言うてた」と相方・ノブを男前担当にしようと計画していたと話し、プラス・マイナスの岩橋良昌から「ノブさんで?」「無理でしょ!」とツッコまれた。

続けて大悟は「そうそう無理無理。だから僕らも全然人気なかったですもん」と華がなく人気が出づらかったと分析した。

しかしこの話を聞いていた番組MCの志村けんが「でも、不思議と売れてくるとそういう顔になってくるんだよな」と売れると顔つきが変わってくると語ると出演者は頷いて同意していた。

関連画像

関連記事