明石家さんまにインフルエンザの霜降り明星が危機感?「奪わないで…」

2019.2.8 7:30

明石家さんまにインフルエンザの霜降り明星が危機感?「奪わないで…」サムネイル画像

(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

6日に放送されたフジテレビ系『ホンマでっか!?TV』に出演した明石家さんまが仕事に対する姿勢を覗かせた場面があった。

番組では、字が下手な芸能人たちが評論家の理論を実践し、1週間で上達するかを検証した。その中で、字が下手な芸能人として霜降り明星のせいやがスタジオに登場するはずだったのだが、インフルエンザのため電話での出演となった。

明石家さんまが「具合はどうやねん」と質問すると、せいやは電話越しで「一旦熱は下がりまして」と体調を明かし、「まだちょっと外に出れない」と感染の恐れがあるため外出を禁止されていると説明した。

続けて「粗品が『俺が行くから大丈夫やで』って言うので、『ありがとう、粗品』って」と自身がスタジオに行けない代わりに相方・粗品が行くはずだったと話すも「次の日、粗品もインフルになってしまって」とコンビ揃ってインフルエンザになったと明かした。

これに明石家さんまは「今、忙しいのに1週間お前ら仕事できひんかったわけやからな」として「俺が代わりに行けるようなやつはないのか?」と投げかけ、仕事への意欲を見せた。

すると、せいやは「待ってください。やめてください。40年後輩の仕事奪わないでください」と笑いを誘った。

霜降り明星は2013年に結成。『M-1グランプリ 2018』で第14代王者となり、現在テレビ番組などで大活躍している。

関連画像

関連記事