関ジャニ村上が“人生を変えた”先輩の言葉を明かす

2018.11.29 18:10

関ジャニ村上が“人生を変えた”先輩の言葉を明かすサムネイル画像

28日深夜に放送されたフジテレビ系『村上マヨネーズのツッコませて頂きます!』で、関ジャニ∞の村上信五がジャニーズJr.時代のエピソードを披露した。

番組では視聴者から“人生を変えた言葉を教えて”という質問が届き、村上が「もう辞められた先輩なんですけども」と16~17歳の頃のジャニーズJr.時代のエピソードを話し始めた。

「18(歳)になってデビューできなかったら僕らの時代はもう、ちょっと進退を考えた方がいいぞという時代やったんですよね」として、「僕はセンターでマイクを持って歌えるわけでもなく、ちょっと端っこ扱いが多かったんです」とあまり目立つ位置につけていなかったと語った。

さらに「やっぱり親も心配しますし。『これ以上どうすんねん、続けんのか?そんなにあんたええ位置ちゃうやろ?』と親にも言われますから。『普通に就職してくれ』と」と親にも将来について考えるように言われたという。

しかし、「『18(歳)が迫ってきてるどうしよう』ってなった時に、その先輩に相談したら『いや、お前のことを応援してるファンからすれば、お前がどこで踊っててもお前がセンターやで』って言われて」と、その先輩のアドバイスを明かし、「それで1回頑張れた。いっとき」と村上の人生を左右する言葉だったと話した。

続けて村上は「その後1度もセンターに立つことなくここまで来たっていうね」とコメントし、周囲の笑いを誘った。

関ジャニ∞は12月5日に放送される『2018FNS歌謡祭 第1夜』と31日に放送される『第69回NHK紅白歌合戦』への出演が決定している。

関連画像

関連記事