ブルーハーツアイドルオーディション!TikTok初のコラボにより開催

2018.11.29 12:00

ブルーハーツアイドルオーディション!TikTok初のコラボにより開催サムネイル画像

ブルーハーツアイドルオーディション

「リンダリンダ」、「人にやさしく」、「情熱の薔薇」など、数え切れない程のヒット曲を持つ、THE BLUE HEARTSの楽曲を全て網羅するアイドルのオーディションが開催される。オーディションは、芸能プロダクションSHINGEKIと、今、若い世代に人気を持つ短編動画アプリTikTokとの初のコラボレーションにより行われる。

総合プロデューサーには、MOON CHILDの樫山 圭を迎え、今回THE BLUE HEARTSの楽曲カバーやコラボオーディションの企画を進めており、業界内からも大きな注目を集めている。メンバー決定前の企画段階にも関わらず、オーディション合格者を中心としたTVドラマ企画が現在構想中である。

今回の、SHINGEKIとTikTokとのコラボの狙いは、今までのありふれたオーディションと明らかに差をつけたいところにあると感じる。15秒動画と書類の両方が必須というのも新しいオーディション形式だ。SHINGEKIとしては、感度が高く見られたいと思う投稿者が多く存在するTikTokを選んだことは正解だ。

指定曲を何にするかによって、バズる動画も埋もれてしまうTikTokに対し、数あるブルーハーツの名曲の中から『キスしてほしい』を選んだのも、曲の良さはもとより、ティーンが好み、アピールのしやすい歌詞の事も考えての選曲だろう。

コラボオーディションの参加方法は、オーディション特設サイトより必要事項を明記し、TikTokではハッシュタグ「#ブルーハーツ」を付け、歌、ダンス、パフォーマンスなどの、自分なりの表現方法でアピールしてもらいオーディション応募が完了する。書類投稿はメールフォームと、LINEからのエントリーも可能で、12月31日まで受付される。

たった15秒の動画の中から、どのような未来のブルーハーツアイドルが飛び出してくるのかが楽しみだ。

関連画像

関連記事

関連リンク