水卜アナ、“フリー転向”報道に対する思いを吐露「相談したこと一度もない」

2018.9.28 20:40

水卜アナ、“フリー転向”報道に対する思いを吐露「相談したこと一度もない」サムネイル画像

27日に日本テレビ系『笑神様は突然に…』に出演した水卜麻美アナウンサーが、自身のフリー転向報道に対する思いを吐露した。

同番組内での「日テレ人気アナ想い出作り旅」というコーナーで、水卜が絶叫マシンに乗りたいと提案。共にロケを行っていた青木源太、桝太一、森圭介アナウンサーが反対すると、水卜は絶叫マシンを求める理由として、自身に対するフリー転向報道への不満が溜まっていることを打ち明けた。

水卜は「本当にね、これ言いたい」と前置きをし、「人生でフリーになるって相談したこと、一度もない」と言い切った。続けて「一度もないのに、フリーになるっていう記事が月1回出ます」と全く身に覚えのない、フリーアナウンサーになるという記事が月に1回はニュースになっていると嘆いた。

さらに、その記事を受けて水卜を批判するコメントを見てしまい「言ったことないことでめっちゃ怒られて、私もうどうしたらいいのかなって、すごい落ち込みました」と理不尽な仕打ちに心が折れたと語った。桝に「溜まってるね」と言われると、「だから絶叫マシンで『あぁー!』て言いたい」と積りに積もった気持ちを開放したいという願望を明かした。

水卜のエピソードは過去にもある。以前出演した番組で、親知らずを抜いた際に医者から酒を禁止されたにもかかわらず焼酎のロックを6杯飲んでしまったことを明かし、次の日から一週間顔が腫れた状態で仕事をしたと話していた。

関連画像

関連記事