佐藤健『半分、青い。』で永野芽郁と共演した“最大のハードル”を明かす

2018.9.6 7:15

佐藤健『半分、青い。』で永野芽郁と共演した“最大のハードル”を明かすサムネイル画像

(c)NHK

4日に放送されたNHK「うたコン」にVTR出演した佐藤健が出演中の朝ドラについてコメントした。

番組では、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』に出演した佐藤と谷原章介が対談している模様が放送された。

永野芽郁演じる主人公・鈴愛と同じ日に生まれた幼馴染役を務めた佐藤に、谷原は「最初に共演したのは(永野が)小学校の時って言ってたっけ?」として「この再会はどう?」と質問した。

これに佐藤は「同じ日に生まれた幼馴染が永野芽郁だと聞いたときに」と実際には永野と11歳離れているとして「同じ日に生まれたっていうのが今回の最大のハードルというか」と、キャラクターの設定について当時の心境を明かした。

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』は現在放送中。毎回様々なコメントがネットに寄せられるなど注目を集めており、最終回まで残りわずかということで、さらに話題となっている。

関連画像

関連記事