「配信とかして」吉田羊が“迷走期”に自主制作した楽曲に反響

2018.5.10 21:00

「配信とかして」吉田羊が“迷走期”に自主制作した楽曲に反響サムネイル画像

吉田羊

9日に放送された日本テレビ系「今夜くらべてみました」に出演した吉田羊の楽曲が話題になっている。

番組では吉田がゲスト出演し、“迷走期の赤っ恥写真”として過去に吉田が『よしだひつじ』の名義で自主制作した『月』という楽曲のCDジャケット写真が紹介された。

その写真を見た瞬間、吉田は「うわぁっ!」と声をあげ、両手で顔を隠すほど恥ずかしい様子を見せると、「ちょっと帰りたい」とコメントした。

叶わぬ恋をテーマに吉田が作詞したという『月』の音源が放送され、聴き終わった吉田は「当時好きだった人がいたんですよ。その人を想ってお酒を飲みながら月を見上げてたら、なんか歌詞が降りてきちゃったんです」と振り返った。

この放送にTwitterでは「あの曲、配信とかしてくれないかな」「良い曲。ちゃんと聴いてみたいな~」「覚えて、歌いたいです」「吉田羊の曲いいやん」「普通にえぇ曲やったし歌うまかった」など、反響を呼んでいる。

吉田は、5月11日より公開される映画『ラブ×ドック』で映画初単独主演を果たし、結婚間近と思っていた彼に振られてしまうパティシエの剛田飛鳥を演じている。

関連画像

関連記事