金爆・鬼龍院翔 「強迫性障害のようなもん」精神面の現状明かす

2018.5.4 19:00

金爆・鬼龍院翔 「強迫性障害のようなもん」精神面の現状明かすサムネイル画像

ゴールデンボンバー

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が、3日、自身のブログを更新し、近況を報告した。

鬼龍院は、「新潟きました」というタイトルでブログを更新しており、新潟駅でラーメンを食べたことや、メンバーの樽美酒研二がInstagramを始めたことなどを綴った。

そして、「ファンの皆さん、ファンレターありがとう」と切り出し、「最近弱々しいことを書いたので心配させてしまいごめんね 心配してくれてありがとう」と、以前ブログに書いた自身の精神的な状況について触れ、ファンへ感謝を言葉を送った。

続けて、「何か嫌なことがあったの?って書いてくれる人が多いので心配させない為に… いや、心配を取り除けるのか全くわからないけど一応…」として、「僕のは強迫性障害のようなもんなので、何かがあったとかではないのよ、21、22歳くらいのとき症状のピークだったのが少しあの日ぶり返して来たかんじ」と説明した。

鬼龍院は「幸い弱まってきているので一安心」と綴り、「自分の経験上、僕にとっての1番の治療法は『忙しく動く』ことだと結論は10年前に出ているので、何かと忙しくして暇を作らず予定を入れて生き生きと生きて心の健康を保てるよう気を付けます」と明かすと、「関係者様、お仕事くださーい!1人で家でジッとしてるとハジけ飛びそうになってくる」と綴った。

最後には「変な奴でごめんね、もともと異常なんですよこの野郎は… いつか、考え過ぎる脳みそを取っ替えて穏やかに生きれますように まぁ、まだまだ未熟者、この先人生観変わって行くだろう」と自身について語っている。

このブログにファンは「キリちゃんはそのままで最高」「鬼龍院翔の変さにどっぷりハマってます 笑」「翔さんの気持ちを思ったままに書いてくれることがとても嬉しいです」など、コメントを寄せている。

現在、ゴールデンボンバーは3月17日よりスタートした全国ツアーの真っ最中で、さいたまスーパーアリーナや福岡国際センター、大阪城ホールのアリーナ公演も控えている。

関連画像

関連記事

関連リンク